● 卒業記念品・卒団記念品・卒部記念品のトイボックスです。スポーツチームの卒業記念品・卒団記念品・卒部記念品にどうぞご利用下さい。 ●

n011
ミニユニ

MENU

<製造・販売元>
トイボックス

<所在地>
〒417-0841
静岡県 富士市
藤岡161-1
<お問合せ>
9:00~20:00
●電話
0545-34-3533
●FAX
0545-34-3536
●メール
toybox@
miniyuni.jp

【剣道部員に贈りたい卒業記念品とは】

なぜ、剣道部と弓道部はかっこいいのか?これは部活がバレー部だった私の一生のテーマですね。日本人が竹刀や弓に憧れを抱くのはDNAや遺伝子に埋め込まれた過去の記憶からくるものでしょう。ということで、隣でかっこよく試合に臨む儀式、蹲踞(そんきょ)をしていた剣道部を見ながらへらへらとバレーをしていた私ですが、中学3年の夏大会が終了した剣道部が最後のミーティングのようなものをしていました。そのとき、後輩から先輩へ卒業記念品をプレゼントしていました。妙に気になってじっくり見てみると、剣道部ならではのものを貰っているではありませんか。私が見た剣道部の卒業記念品とは果たして。

部活の卒業記念品は重要です

剣道部に限らず、部活動において卒業記念品を先輩に贈ることは実は今後の人生を左右すると言っても過言ではありません。なぜなら、私は、部活の先輩のおかげで今の人生が送れています。当時から仲が良かったのもそうですが、大人になっても地元に残っている部活のメンバーで集まる機会があり、そこで、都落ちしてきた私に先輩がいい職場を紹介してきっかけを作ってくれ ました。よくよく思い出すと、私たちバレー部は、卒業記念品として全ての先輩たちに色紙を作ってプレゼントするのが慣習となっていました。そこで、先輩に書いたメッセージが印象的だったよう で、先輩が卒業してしまう、最後の最後に距離が縮まったのです。現役のときよりも距離は離れてしまいましたが、先輩の部活動の卒業を気に妙に可愛がってもらえるようになった気がします。 なので、卒業記念品は人生を左右する!かもしれません、まあ、元々仲が良かったですから、何がきっかけになるか分からないというお話ですね。

一般的な剣道部の卒業記念品

剣道部の卒業記念品って思いつきます?もちろん、前述したような色紙であったり、花束であったりは当たり前ですが、剣道部ならではの卒業記念品ってたくさんあるんです。例えば、剣道の試合をしている二名の剣士を描いたところに自信の名前の入ったオリジナルマグカップ。これも 秀逸です。そして、剣道着を模したキーホルダーやスマホクリーナーなどもあります。部活の名入れ商品としてはよく見るオリジナルグッズが作れるものですよね。これも嬉しいものですが、私のおすすめは、トロフィーです。剣道の面の恰好をしている剣士が上部についているトロフィーです。中学校卒業以来私は、トロフィーを貰ったことなどありません。もちろん賞状を貰う機会などもどんどん減っていきます。先輩の部活動の3年間を労うのにトロフィーは最高の卒業記念品なの ではないでしょうか?剣道に限らず、卒業記念品でトロフィーはなかなかインパクトもありますしね。何より記念っぽさは最上位です。他に一般的な卒業記念品としては、名入れタオルなども人気のようですね。写真を使ってのオリジナルなフォトフレームや時計付きフォトフレームなども人 気のようです。大体、どの卒業記念品も予算は、2,000円から3,000円程度だと思いますので、1 点豪華に行くか、2点で満足度を高めるかのどちらかが多いと思います。

卒業とユニフォーム

部活の卒業のときってユニフォームを返却しましたか?そのまま貰いましたか?自分たちでお揃いで購入している場合は、そのまま自分たちのものでしょうね。剣道は防具も自分たちで揃えるのでしょうか?気になります。剣道の場合は、ユニフォームが剣道着や防具、手ぬぐい、竹刀も使用しますよね。かなり色々な装備品が必要になっているのです。特に防具は、40,000円から 70,000円程するようですね。いや、これはお金がかかる。バレー部のユニフォームはせいぜい10,000円程度です。 何が言いたいのかと言うと、ユニフォーム自体が卒業記念品になる。ということです。部活を卒業した後って、もう使われていない、自分が履いていたスパイクやシューズ、ボールやバット、グ ローブなどの道具を見てしんみりと部活の終わりを実感したりしますよね。そう、卒業記念品で私が本当におすすめしたいのはユニフォームや道具なんです。

剣道部が貰っていた羨ましい卒業記念品

結局、剣道部は卒業記念品として竹刀を貰っていました。当時の私からすると衝撃。竹刀ってすごく高額なものに感じていたので。そこには名入れがされていて、さらにメッセージの寄せ書きも貰っていたようです。竹刀を卒業記念品にプレゼントするなんてやはり剣道部はかっこいいと内心私は思いました。今調べてみると、竹刀も意外に低価格で購入できるみたいですね。安いものだと3,000円程度だそうです。

まとめ

このように、部活動の先輩に贈る卒業記念品として最も喜ばれるであろうおすすめは、ユニフォームや、部活動で使っていた道具を記念品としてアレンジしたものです。やはり、愛着があり、それを見るだけで、思い出が蘇る。そんな卒業記念品を貰って嬉しくない人はいないのではないでしょうか?せっかくなら、インパクトのある卒業記念品で、感動的な卒業を演出してみては?

本日は当店のホームページをご覧頂きありがとうございました。
当店の商品『ミニユニ』はユニフォームをミニチュアにして額に入れた卒業、卒団記念品です。
ミニユニフォームの他に、個人写真、全体写真、ネームプレート、お好きな文章(大会成績やチームの選手の名前など)が入ります。
毎年、全国の約600チームからご注文を頂いており、とても喜ばれています。
卒業、卒団記念にどうぞご利用下さい。

卒業、卒団記念品の商品案内

関連記事