● 卒業記念品・卒団記念品・卒部記念品のトイボックスです。スポーツチームの卒業記念品・卒団記念品・卒部記念品にどうぞご利用下さい。 ●

n011
ミニユニ

MENU

<製造・販売元>
トイボックス

<所在地>
〒417-0841
静岡県 富士市
藤岡161-1
<お問合せ>
9:00~20:00
●電話
0545-34-3533
●FAX
0545-34-3536
●メール
toybox@
miniyuni.jp

【思い出に残る写真入りの卒業記念品】

卒業式で撮影した写真を卒業記念品にしたい!と思っていても、卒業後にどうやって渡そうとか、郵送したらいいのかなとか、様々な疑問が出てきます。しかし、卒業式当日の写真を使うからこそ意味があるというものです。卒業式7日前に撮影した写真では少し味気ないのも事実ですよね。しかし、3月はただでさえ多忙な時期。年度末で忙しいサラリーマンの方もいると思いますし、 お子様の進路のために様々な準備をしなくてはならない時期です。生活が変化するための準備期間がこの卒業後の春休みです。そこで、卒業式の写真を使って卒業記念品を気軽に、無理せずプレゼントする方法を伝授します。

卒業後にあるたった一つの学校行事

卒業式が学校行事の最後だと思っている方多くないですか?小中学校はもう一つ最後の行事があるではないですか。そうです、それは、離任式。異動される先生たちを送り出す登校日です。これは、3年生も出席できます。大体が、卒業式の後10日後くらいですよね。ということは、10日間 で完成して配布できる卒業記念品を探せば良いのです。そうなるとかなり幅が広がってきます。 手作りのものでも良いですし、インターネットを使って写真を贈るだけで完成品が届くような半分オリジナルなものもたくさんあります。では、10日間で完成するオリジナル写真入り卒業記念品を紹介していきます。

卒業記念品納期選手権!

卒業記念品に最も近いものは、企業のノベルティグッズなどです。企業のロゴを入れたマグカッ プや、うちわ、ティッシュ、ボールペンなど様々なノベルティグッズがありますが、卒業記念品も、ノ ベルティグッズも本当に多くの商品があります。ここまで多いのは、インターネットの普及と印刷 技術のレベルアップがその理由です。地味に革新的に進歩してきた2つの技術が今日の卒業記 念品を支えています。この恩恵にあずかる形で10日以内で完成する商品を見ていきます。

短納期対応のウェブサイトを見てみると、見つけました。最短2日!写真データや文字データ、デザインデータを送ってから、最短で2日で発送してくれるサイトです。2日で何ができるの?とお思いのあなた、舐めてもらっては困ります。こんなものが出来るんです。 エコバッグ・ポーチ・ケース・タンブラー・ボトルマグ・オフィス用品・文具・スマホケース・時計・カレ ンダー…etcなんとざっと挙げてもこれだけのものが2日で発送されてきます。もうこの中から選べばたいていなんとかなりそうですね。最短2日が最速かもしれませんね。ちなみに、名刺やチラシなどを仕事で作ったときは、配布前日にミスを発見してしまい、慌てて印刷所を探したところ、当日印刷、当日発送というウェブサイトを発見してなんとか乗り切りました。やはり納期が短いというのはとてもありがたいことです。

短納期の罠!?

納期が短いというのは、実は、印刷所内では、他の印刷を飛ばしてこちらを優先してもらっているような状況です。そのため、はっきり言って、少し金額的に割高になることが多々あります。先ほどお話しした当日発送のチラシなんかは、3日で発送するときの制作費の2倍の印刷代がかかりました。もちろん、そのときはお金には変えられないと即決でしたが。ですので、理想としては、通常の納期で一つ一つの金額がそこまで割高にならないものがいいかもしれませんね。納期によって金額が分かれているサイトもあるので、よくチェックしてみて下さい。あと、2日で到着するわけではないので、それもご注意ください。2日で印刷所からの発送になることがほとんどです。 住んでいる場所によっては、合計で4日かかる場合もありますので、ギリギリにならないように注意しましょう。卒業式が終わってすぐに卒業記念品の注文ができるように事前の準備をしておい てくださいね。


写真入りの卒業記念品の肝は写真

卒業式後時間がないといって手を抜いてしまうと完成品に大きく影響が出てしまうのは写真です。もちろん写真入りの卒業記念品ですので、当たり前ですが、意外と補正などをしないで写真を送って完成品の写真が暗すぎたなどよくあります。必ず撮影した写真を補正して明るさなどを調整してからデータを送ってくださいね。一番最速でできる補正は、デジカメ内でやってしまうことです。現在のカメラだとたまにそのまま写真を補正できる機能が付いたカメラもありますよね。さらに、もう一つ使い慣れていて便利なのは、スマートフォンで補正することです。使い慣れている機械でやるのが一番です。デジカメから直接wi-fiでデータを送ってアプリで開いて補正したものを入稿すれば問題ないです。これはもはやお子様のほうが詳しい可能性もありますので、聞いてみ るのも手ですね。

まとめ

今回は最短で2日のサイトを発見することが出来ました。実際に2日納期でトートバッグを制作してみたことがあるのですが、かなりクォリティ高かったです。普通にプライベートで使える代物でした。早い・安いが悪い時代ではないのです。早くて安くて高品質なものが溢れている現代ですので、ぜひ、短納期で卒業記念品にチャレンジしてみて下さい。

本日は当店のホームページをご覧頂きありがとうございました。
当店の商品『ミニユニ』はユニフォームをミニチュアにして額に入れた卒業、卒団記念品です。
ミニユニフォームの他に、個人写真、全体写真、ネームプレート、お好きな文章(大会成績やチームの選手の名前など)が入ります。
毎年、全国の約600チームからご注文を頂いており、とても喜ばれています。
卒業、卒団記念にどうぞご利用下さい。

卒業、卒団記念品の商品案内

関連記事