● 卒業記念品・卒団記念品・卒部記念品のトイボックスです。スポーツチームの卒業記念品・卒団記念品・卒部記念品にどうぞご利用下さい。 ●

n011
ミニユニ

MENU

<製造・販売元>
トイボックス

<所在地>
〒417-0841
静岡県 富士市
藤岡161-1
<お問合せ>
9:00~20:00
●電話
0545-34-3533
●FAX
0545-34-3536
●メール
toybox@
miniyuni.jp

【野球部や少年野球にオススメ!通販で人気のインパクトのある卒団記念品ランキング】

卒団記念に記念品を贈ることが定番ですよね。父母会の皆さんは足並みを揃えたり、卒団式の内容を決めたりと、日々の忙しい中でさらにやることが増えていきます。そこで卒団の記念品くらいは楽をしてもいいのではないでしょうか?

 ホームページを見ても卒団の記念品やオリジナルの商品というのは結構あってなかなか選べません。同じような商品が多く他の人と同じようなものは嫌だなあという方や小物をいくつもプレゼントするよりインパクトのあるものプレゼントしたいという方にオススメなちょっと高級だけど、思い出に残るような卒団記念品をランキング形式で紹介しますので、卒団の記念品の参考にしてみてはいかがでしょうか?

第3位「練習グッズ」

卒団なのに練習グッズ?とお思いの方も多いかと思いますが、例えば少年野球をやっていた子のほとんどが中学校に行っても野球をやる可能性って高いですよね。中学生ならば高校生になって甲子園を目指そうと思っている子も少なくないはずです。そう考えると練習グッズは結構重宝します。例えば練習用のボールってすごい色々あるんですよ。穴が空いた軽くて飛ばないボールであれば、屋内でのキャッチボールもできます。ピッチャーであれば握り方をを練習するためのグローブなどもあります。さらに、素振り用に重さの重心が変わった位置にあるバットのような棒のようなものなどもあります。ティーバッティング用の台座と軽いボール、練習用バットを合わせれば自宅でもティーバッティングでミートの練習などもできます。

 価格は、練習用の軽いボールなどは、複数個セットで2,000円程度で購入できます。素振り用のバットは4,000円くらい。ティーバッティングのセットは6,000円ほどです。商品を購入するだけなので、プレゼント用に少し包装などをした方が見栄えは良くなります。このときの注意点は1つです。これから先も野球を続けていくかどうかですよね。あまり多くの子が野球はもう続けないと思っている場合は喜びが少なくなってしまうかもしれません。

第2位「グローブの保存」

長年愛用してきたグローブ。何よりも思い出が深く、本人たちにとっては、幾度となく手を通して練習を積み重ねてきた証の一つです。ですが、グローブって使わなくなっていくとどんどん劣化していきます。皮がボロボロになっていき、最悪はカビが生えてしまい、ただのゴミとなってしまいます。卒団直後は結構大切にとっておくのですが、数回キャッチボールなんかして、あとは放置しちゃったりするとどんどん劣化が進みゴミ化が止まりません。

 そこで筆者がオススメする卒団・卒業記念品が、愛用していたグローブの保存です。結構お金かかるんですけど、思い出の品としては最高のものになります。

 グローブを部屋に飾れるような状態にしてくれる商品なのですが、泥や汚れなどを丁寧に洗い流し、皮製品なので、オイルで艶を与えていきます。高級皮専用のオイルなので保存効果もとても高いようです。見た目を美しく整えたら、このあと、展示するための部分(一般的なのは手を入れる部分)に必要な補強の細工を施し、スタンドに立てても直立する形状にグローブを固めていきます。全て手作業で行うため安心して大切なグローブをお渡しできるのも魅力です。最後に金属製のスタンドにグローブを立たせ、展示用30センチ四方程度の透明なケースに入れれば見事な展示品の完成です。

 長年愛用してきたグローブなら経年変化でかっこいい汚れや思い出の傷なんかも最高の思い出になります。プロの選手からもらうサイン入りのグローブのような出立でお部屋に飾ってみるのもいいものではないでしょうか?

 料金はグローブ加工のみで10,000円程度、展示用の透明なケース付きだと13,000円くらいのようです。グローブ加工のみという商品にも金属のスタンドは付属するようなので、実際はケースがあるかないかの違いですね。納期はおよそ2週間~3週間程度のようです。事前にグローブを回収しなくてはならないので、バレてしまう恐れがあるので、サプライズ向きではありませんが、野球と真摯に向き合ってきた子たちにとっては最高の記念品になること間違いなしです。

第1位「名入れバッグ」

野球部といえば、刺繍の入ったエナメルのバッグをイメージします。あのエナメルバッグと坊主頭を見ると野球部なんだろうなと思える程です。そのくらいあのスポーツバッグって使いやすくて強い造りなんでしょうね。今後も野球を続けていくような子にはぴったりの記念品かもしれませんね。野球部に人気のメーカーミズノなんかのスポーツバッグにも刺繍で名入れすることができますので、しっかりとした商品と他の人と間違えることのないネーム入りで、安定性の高い商品になっています。

 もう野球は続けないよという方でも今後運動するときに便利な巾着袋やシューズケース、洗濯物をガサッと入れられるランドリーバッグなどもあり、その全てに名入れを施すことができます。名入れをするだけでオリジナリティが出ますので、記念品としてはもってこいです。

 さらには、リュックサックなんかもあります。シンプルだけどかわいいリュックサックなんかにもこっそりと名入れが入っていれば登下校で使うこともできますし、あって損のないオリジナルグッズになります。

 せっかくなら今後も使用できるものだと親御さんとしても記念品に協力する価値がありますよね。シンプルな黒いデザインなものが主流のようなので、全体的に汚れも目立たず無難に使用していくことができます。

 エナメルのスポーツバッグやリュックサックはおよそ7,000円、シューズケースやグローブを入れるような巾着袋が2,000円弱、ランドリーバッグは、1,000円くらいから商品を見つけられることができました。

 記念品としては少しお値段が張るので、反対される親御さんもいるかもしれません。父母会の皆さんできちんと話し合って決める必要があるかもしれません。あと、名入れをお願いするときに添付する、名前リストは3人くらいでチェックするようにしましょう。誤字脱字があるとせっかくの記念品が台無しになってしまうこともあります。

「まとめ」

いかがでしたか?少し高級品が多かったかもしれませんが、他の人と同じようなキーホルダーやタオルなどよりも思い出が深いもの、もしくは本当に実用的なもの。どれも子供たちの将来に良い影響のものばかりです。一味違った卒団記念品もアイディアの一つとしてご提案してみてください。

関連記事